三代目慶寺丹長
製作者
 神戸市 中村直吉
特記事項/寄付者
 二宮先生幼時の像 
碑銘
 昭和3年11月10日
設置年月日
 100cm
大きさ cm
 ブロンズ立像
材質・形状
報徳二宮神社
小田原市
神奈川県





                                                     戻る







報徳二宮神社
  明治27年(1894)小田原城二の丸に二宮尊徳翁を御祭神として創建

          神社境内に昭和3年昭和天皇即位御大礼記念として
          神戸の中村直吉氏寄贈 製作は 三代目慶寺丹長


     
      
 



      銅像らしい細かい造形


 
二宮金次郎像
昭和三年 昭和天皇の即位御大礼記念として
神戸の中村直吉氏が寄進したもので製作者は
三代目慶寺丹長材質はブロンズ その後これと
同じ像は全国の小学校などに向けて約一千体
製作されたが戦時中すべて供出に遭い現在残
っているのはこの一体だけである。なおこの像
は当時のメートル法普及の意図を反映して丁度
一メートルの高さに製作されている。
                      

戻る